ホワイトシュナウザーが勝岡様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2021年8月30日生まれのホワイトシュナウザー(男の子)が三重県の勝岡様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「リヒト」です。命名の由来について「光と書いて リヒト と読みます。ドイツ語で光です。みんなの光になってくれたらと思い決めました。実は先月、16歳のダックスの子が亡くなりました。突然の事でショックを受けたのですが、リヒトが来ることが決まっていたので、いつまでも落ち込んでいられないと思っています。」とのこと。

出会いと別れは世の常です。出会いは嬉しくて別れが寂しいのは誰しも同じ。そしてそれが自然の法則、宇宙の法則なのでしょう。

リヒトがやって来て賑やかになりますよ。

久しぶりの子育てを思い出して、楽しむときはいっぱい楽しみ、注意すべきところはぬかりなく、褒めたり叱ったりを分かりやすくハッキリと、時には寛大に時には工夫しながら家族が幸せに過ごせるようにしましょう。

 

 

2021年12月20日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved