ホワイトシュナウザーが前川様(滋賀県)のもとへ巣立ちました!

2021年8月30日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(女の子)が滋賀県の前川様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ソイ」です。命名の由来は「我が家は豆乳を飲むから大豆→SOY(ソイ)ということで、子犬選びの前から決めていました。」ということですが、ミルクは耳にすることはありますがソイは初めてのような気がします。

前川様は昨年11月にブラック&シルバーの男の子をモトコランドから迎え入れています。

ソイは生後61日目から「パピー合宿」に入って、最後の1週間をロビンと一緒に生活しました。つまりロビンは「愛犬合宿」に入っています。このようにして先住犬と子犬がモトコランドで合宿に入って暮らしてから、2頭を一緒に迎え入れると新しい生活が始まっても2頭は仲良くしてくれます。

特に今回はとても仲良くなってくれました!

ソイは「匂い付きヌイグルミ」なしで巣立ちましたが、お引き取り後に以下のメールをいただきました。

「合宿のおかげでロビンとソイは仲良く過ごしております。 ソイが少し夜鳴きすることはありますが、ロビンが側に行くと鳴き止むので助かっています。」

2021年12月17日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved