ミニチュアシュナウザーが梅村様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2019年7月24日生れのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの女の子)が愛知県の梅村様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ルビー」です。命名の由来は「候補は沢山出ましたが結局誕生月の誕生石になりました。」とのことです。モトコランドにも同じ理由で同じルビーと名付けたミニチュアシュナウザーがいましたよ。

ルビーもまた生後61日目から「パピー合宿」に入って、お手入れの練習や犬同士の社会性を身に付け、サークル内でのトイレトレーニングと散歩でのリーダーウォークを行なってきました。混合ワクチンは済ませています。フィラリア予防とノミダニ予防もご要望どおり済ませております。

子犬が巣立ってからよくあるご質問として「フードをいつ増やせばよいですか」というものがあります。お気持ちはよく分かりますが、実ははっきりしたグラム数をお答えしたくともできません。「モトコランド 飼育マニュアル」にも少しだけ記述はありますがはっきりとしたフードの分量を書いていません。

また、どのフードのメーカーの袋にも与えるフードの給餌量が表で記載されていますが、かなり大雑把で参考程度にしかなりませんが、参考にしない方がよいです(笑)。ではどうやって給餌両を決めればよいのか。

肉付き(体型)で加減することが最も大切です。愛犬の体重や体高や体長では判断できません。愛犬のウェストのクビレと背骨の触り具合で太っているか痩せているかちょうどよいかを判断します。生後4ヶ月頃までは幼児体型ですからウェストのクビレはあまりありません。それ以降の月齢になると徐々にクビレを作った方がよいです。

子犬ですから身体は大きくなり体重は増えます。成犬時は生後3ヶ月半ごろの体重の2倍くらいになります。しかし、体重に比例してフードを増やしてはなりません。どちらかというと生後3ヶ月時点と成犬(身体の成長が止まるのは生後7~8ヶ月ごろ)とではフードの分量があまり変わらないことが多いです。

2019年11月4日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved