ホワイトシュナウザーが平瀬様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2018年3月27日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(男の子)が兵庫県の平瀬様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「楽(らく)」です。命名の由来を教えていただきました。「楽しい」の漢字から「楽」としました。
播州の方言で「らく」は、「大丈夫だよ、問題ないよ。」という意味があり、やさしく、前向きな雰囲気で憶えやすいこと。ラクには、ラテン語で牛乳の意味もあって、ホワイトシュナウザーにピッタリ。

また、「当初は、ブラック&シルバーって考えてたのが、 ホワイトに決まったのは、名前の縁からも・・・・!?と思ったりもしてます。」ともおっしゃっています。

「らく」という名前・言葉だけでこれだけの意味・思いが込められていることが驚きですし素敵ですね。そしてこれがご縁の妙ですね。子犬を迎え入れる前には想像していることや希望があるものですが、実はそれがよく変わることがあります。

また、子犬の誕生は私たちブリーダーにも予測できないですし、いつどどの方が予約されるのか分かりません。逆に長い期間モトコランドにいる子たちも確実にいます。

この「モトコランド奮闘記」に写真が掲載されている子たちは原則ご予約が可能ですが、その写真を見ただけでピンと来た!とおっしゃる方々もいますし、そもそもモトコランドのサイトを見つけた時点でピンと来た!と仰る方々も多いです。

最終的には各飼い主さんの意思によって子犬が決定しますが、わずかでも「いいな!」と思ったとき。最初に「いいな!」と思ったときは、他を見るよりもその気持ちに従った方がよいものです。これは常々感じてきました。モトコランドとの出会いであれば嬉しいですが、他の犬舎の子であってもよいのです。勇気を持って、思い切ってその第一歩を踏み出して欲しいです。

 

2018年7月14日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved