トイプードルがO様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2017年12月25日生まれのトイプードルの子犬(レッドの男の子)が大阪府のO様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「レオ」です。

レオは「パピー合宿」に入って2回目(最後です)の混合ワクチンを接種し終えてからのお迎えとなりました。子犬のお引取り時期(月齢)としては良い頃です。レオは生後3ヶ月半を過ぎていますので感染症には抵抗力があり、消化器系が強くなり、概して病気の心配が少なくて済みます。

また「パピー合宿」というしつけを入れる期間がある程度確保されますので、サークル内でのトイレトレーニングや散歩でのリーダーウォークやお手入れ慣れや他の犬との社交性が身に付きます。

そして排泄の回数が減ります。まだ成犬並みではありませんからこれからも減り続けますが、生後2ヶ月ごろと比べると半分近くにまで少なくなっていますので、日々の排泄処理が楽になりつつあります。

O様は初めて犬と暮らされますので尚更ですが、子犬の飼育経験のある方でも子犬は早い月齢で迎え入れない方がメリットが増します。いろいろな面で飼育しやすくなります。

これからも飼い主自身によるしつけは必要ですが、困ったときにはセミナーを受けに来ていただいたり、「愛犬合宿」にてお預かりしたり、メールやお電話にて相談して頂くことができますので、それらを活用しながらドッグライフを少しでも快適にしてほしいです。

あまり心配し過ぎず取り越し苦労し過ぎず、ネット情報に気を取られないようにして、目の前のレオと向き合っていただけたら幸いです。

そしていつか「お里帰りの会」で笑いあいたいですね!

 

2018年4月13日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

トイプードルについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved