レオンベルガーが中西様(東京都)のもとへ巣立ちました!

2017年11月26日生まれのレオンベルガーの子犬(男の子)が東京都の中西様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「花道」です。アニメ「スラムダンク」の主人公から命名されましたが、奥様が「ハナちゃ~ん」とおっしゃっていたので、花道が可愛い女の子のように思えました(笑)。

花道は生後61日目から始まる「パピー合宿」にてしつけに励んでまいりました。彼の性格的個性については犬舎内でも情報が錯綜しておりましたが、ハチャメチャではなく、でも大きく物怖じしない気質だと思います。が、慣れるとそれなりにヤンチャもするでしょう。そして大都会へ出れば驚く場面にも遭遇するでしょう。

散歩の基礎はばっちりです。かなり高いレベルでリーダーウォークできます。犬同士の社交性は抜群です。レオンベルガーの持つ特性もありますし、ブリーダーのもとで生後4ヶ月近くまで過ごしましたから犬同士の対応力はかなり高いです。

花道の兄弟の女の子が1週間前に神奈川県へ巣立ってゆきましたが、そのときにはその女の子の方がわずかに身体が大きかったです。どちらも今の時期は被毛が抜けるときです。毛量や毛あし(毛の長さ)だけでは身体の大きさは分かりません。

写真に写っている少し大きなレオンベルガーは小柄な女の子「ラン」です。その子は2014年8月6日に弊舎の教育係りのレオンベルガー「ライザ」が出産した女の子です。ライザも小柄ですがランも小柄ですから、花道とは凸凹コンビとなるでしょう。仲良くなってくれると思います!

東京都と三重県は距離がありますが、いつかまた再会できるかもしれません。花道の成長を見てみたいです!

2018年3月18日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

レオンベルガーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved