ポメラニアンが吉田様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2017年4月15日生まれのポメラニアンの子犬(ライトオレンジの男の子)が大阪府在住の吉田様のもとへ巣立ってゆきました!

ポメラニアンの子犬の名前は「ぽんすけ」です。

長年ポメラニアンの飼育に憧れの念を抱いてこられた吉田様は昔はご実家で柴犬を飼育してこられました。日本犬は立ち耳に巻き尾ですが、洋犬の多くは垂れ耳に垂れ尾ですから、ポメラニアンがお好きな理由が分かる気がいたします。

「ぽんすけ」は生後61日目から「パピー合宿」に入って、様々なしつけに励んできました。留守が長めのご家庭は多いですが吉田家でも長めなので、しっかりとしつけを入れて、排便の回数が少なくなって、体調を崩しにくい月齢までモトコランドで飼育することとなりました。

3回目の混合ワクチンを接種して生後3ヶ月半での子犬のお引取りは理想的です!すぐにでも公園デビューさせることができますので、できるだけ人ごみや騒々しいところを狙って散歩へ出かけて頂きたいです。

もちろん他の犬との接触はOKですから、相手の犬が友好的でぽんすけが嫌がっていないようでしたら犬同士の挨拶をさせてあげましょう。ただし、あまりにもお互いのテンションに差があるようなら注意しましょう。

生まれた頃はもっとセーブル(黒い差し毛)がたくさんありましたが、今ではほとんど消えてなくなりました。そして、生後2~3ヶ月頃は毛量が多かったですが、今(写真では)は抜け始めていますね。しばらくは抜け続けますが、また徐々に毛がふいてきます。この子はきっと毛ぶきの良い子になるでしょう。

今から近況のご報告が楽しみですし、いつか「お里帰りの会」で再会したいです。

2017年7月29日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved