ホワイトシュナウザーが葛原様(奈良県)のもとへ巣立ちました!

2017年3月24日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(ホワイトの女の子)が奈良県の葛原様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「茉莉花」です。名前の由来はジャスミンから。白い花、ペルシャ語で神様からの贈り物という意味だそうです。とても素敵ですね。

茉莉花は生後61日目から「パピー合宿」に入っており、1ヶ月半ほどの間しつけに励んできましたので、今ではとてもじょうずにリーダーウォークできるようになりましたし、ご自宅で簡単にお手入れができるようになっています。犬たち同士のコミュニケーション能力はとても高く、相手が大型犬でも平気です。テンションが高すぎる子でない限りは遊べるでしょう。

サークル内でのトイレトレーニングはパーフェクトです。モトコランドが指定するサークル内にトイレトレーを2枚とベッドを1つ設置すれば、ベッドから遠い方のトイレトレーで排泄してくれます。

葛原様は昨年の9月にご予約されましたので、ようやく子犬のお引取りを迎えることができましたね。その前の7月には「プチ飼い主体験」を受けてくださっています。

そして今年の4月に子犬選びして頂いた後にも子犬の面会に来てくださいました。待ちに待ったホワイトシュナウザーとの暮らしが始まります。ワクワクが大きいと思いますがドキドキ感もあるかと思います。

混合ワクチンが3回終了していますので、いつからでも公園デビューできますよ。早く飼育環境になれるといいですね!良い写真が撮れたら送って頂きたいです。

2017年7月7日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved