ホワイトシュナウザーが三浦様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2017年5月5日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(ホワイトの女の子)が兵庫県の三浦様のもとへ巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ナニ」です。命名の由来をメールでお知らせしてくださいました。

「先住犬は「リロ」なので今回の子犬の名前は「ナニ」に致しました。
リロはハワイ語で、心が広いという意味です。私はハワイが大好きで、何度が行きましたが、また行きたいと思える唯一の場所です。今回もハワイ語から、名前を決めました。ナニは「美しい」という意味です。身も心も、美しく育って欲しいと思い、この名前に決めました。もちろん見た目も、美しいので!!」

ということです。名前の由来があると楽しいですね。それを聞かせていただくことが私たちの楽しみのひとつでもあります。

その先住犬は11歳のソルト&ペッパーの女の子です。生後60日以内でペットショップから迎え入れたミニチュアシュナウザーだそうです。太り気味でしたのでダイエットさせるようご指導させていただきました。

実は今年の3月末までホワイトのミニチュアシュナウザー(女の子)とも暮らしておられましたが、その子が虹の橋を渡り、今はリロというソルトの女の子だけとなったため、このたびホワイトの女の子「ナニ」を迎え入れることとなりました。

先住犬は子犬と遊ぶような年齢ではありませんから、ナニが慣れてきてリロが嫌がる場面を見かけたら、原則早めにナニを制止することが大切です。

とはいえ、当分の間は子犬を先住犬と接触させない方が良いです。いずれ2頭が仲良く散歩へ行けるようになり、遊び方・付き合い方をマスターしてくれることでしょう。

2017年7月7日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved