トイプードルが川口様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2017年4月7日生まれのトイプードルの子犬(レッドの男の子)が三重県の川口様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「トアム」です。

川口様は3月にご予約頂いていますので、トイプードルの子犬が生まれる前でした。

出産後にモトコランドから報告させて頂いて、5月上旬に「子犬選び」をして頂いております。そこで「モトコランド 飼育マニュアル」「アニコム動物保険」の資料をお渡しして、飼育用品については実物をご覧頂きながらアドバイスしまして、後日ご注文頂き、「パピー合宿」についても説明させて頂いております。

子犬(トアム)は生後61日目から「パピー合宿」が始まりました。期間は3週間だったのでとても短めです。この場合は2回目の混合ワクチン(生後70日目での接種)のあと1週間ほど経っての子犬のお引渡しとなります。

トイプードルくらいのサイズ(ポメラニアン、チワワ、ヨークシャテリア、マルチーズなど)の犬種は骨が細いため骨折させてしまうことがないわけではありません。また、幼いうちはどんな犬種でも誤飲させてしまう可能性もありますから、動物保険への加入(1年単位の加入なので、特に最初の1年間は大切)をお勧めしています。

誤飲やイタズラ噛みの防止策は実はとても簡単でシンプルです。子犬をサークルから放したときに起こりますので、飼い主が子犬を見れないときは例え短時間でもサークルへ子犬を入れておくことです。これを実践するだけでイタズラ噛みは防げます。

保険に入っても何事もなく成長することを願っていますが、「お守り」として保険に加入されておくことをお勧めします。

2017年7月2日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

トイプードルについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved