ホワイトシュナウザーが井上様(静岡県)のもとへ巣立ちました!

2017年3月24日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(ホワイトの女の子)が静岡県の井上様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ポーラ」です。

井上様は愛犬との暮らしは今回が初めてとなります。ですからポーラとの出会い、これから始まる暮らしは井上家にとってとても大きな影響を与え、また思い出深いものとなるでしょう。

※奥様はご実家でポメラニアンやドーベルマンやキャバリアと暮らされておりました。

そして初めて迎え入れたブリーダーとしてモトコランドも大きな存在となるはずです。その点はペットショップから迎え入れた皆さんとは大きく違うところです。至らぬところはありますが親元としてできるだけのサポートを行い、精神的な支えとならねばなりません。

ポーラは生後61日目から「パピー合宿」に入りちょうど生後3ヶ月にしてモトコランドを巣立ちました。1ヶ月間ここでしつけに励みました。インターホンには今のところまったく吠えませんし、散歩では少々の車の音には無反応です。今後も更に一層賑やかな物音を聞かせながら育てていただくとよいでしょう。

連れて帰る日のポーラは緊張気味でしたが、数十分たつと気分的に余裕が見え始めました。おそらく早々に井上家に馴染むと思いますが、帰りの車中では通常はほとんどの子犬が鳴くものです。切なく聞こえますがここからすでに飼い主としての対応をポーラが見ていますので、甘やかさぬよう心を鬼にして帰宅の途について頂きたいです。

ポーラがたくましく育つことを願って止みません!

2017年6月24日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved