ミニチュアシュナウザーが岡本様(滋賀県)のもとへ巣立ちました!

2017年3月3日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が滋賀県の岡本様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「ショーン」です。子犬のお引取り時にはもうすでに「ショーン」のオリジナルステッカーが貼られていましたのでとても嬉しかったです。岡本様は以前ボーダーコリーを飼育しておられましたのでしつけについてはとてもよくご存知でした。私たちにとってとても嬉しいですが、初めて犬と暮らす方々にとっても、多頭飼育をお考えの方々にとってもモトコランドはベストを尽くしてご説明申し上げております。

岡本様は3月にミニチュアシュナウザーのブラック&シルバーの男の子希望としてご予約を頂き、4月に「子犬選び」に来て頂いております。排泄を室外でさせたいということと、散歩中はマナーベルトを付けて歩かせたいとのことで、「パピー合宿」の間はマナーベルトで歩かせる練習をしてまいりました。珍しいことではありますが事の外スムーズに、まったく困ることなくリーダーウォークできましたので一安心でした。

ショーンは生後61日目からパピー合宿に入り、3回目の混合ワクチンを終えてから巣立っております。しつけについてはよくご存知で、特段ご心配されていらっしゃらないご様子でしたが、モトコランドでしっかり育ってから迎えた方がよいとのお考えから生後3.5ヶ月ほどでショーンをお引渡しすることとなりました。考え方は様々です。できる限り意向に沿う形で子犬をお引渡しできたと思っております。

とはいえ人間と同じ犬たちも生き物です。未来は誰にも分かりません。その変化成長に応じ切れないときはいつでもモトコランドへご相談いただくことができます。

2017年6月19日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved