ボストンテリアが亀本様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2017年3月4日生まれのボストンテリアの子犬(男の子)が三重県の亀本様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「はる」です。亀本様は2012年3月3日生まれのボストンテリア「ひな」(女の子)をモトコランドから迎えてくださっています。ですので写真には2頭が並んで写っています。

先住犬の「ひな」は雛祭りに生まれたので「ひな」、2頭目は春に生まれたので「はる」です。誕生日が1日だけ違います!

「はる」は生後61日目から「パピー合宿」に入っていました。2回目の6種混合ワクチンを接種し終えて1週間ほどたったころに先住犬である「ひな」を「愛犬合宿」でお預かりしました。そして、モトコランドにて「初顔合わせ」をして、寝食を共にして徐々に仲良くさせて、一緒に散歩に連れて行けるまでにしました。約10日間ほど一緒に過ごして2頭を同時に迎え入れていただきました。

多頭飼育される場合によく行なう作戦です!そうすることで初日からスムーズに2頭と暮らすことが出来ますので、飼い主さんにも2頭の子達にもストレスなく新生活をスタートさせることができます。

以下は亀本様からのお便りです。とても嬉しかったです!


いつもありがとうございます、ボストンテリアの亀本です。

5月31日、はるを迎え入れ一層賑やかになりました。初日は緊張していたのか、夕ご飯は少し残したものの、翌朝はスゴイ勢いで完食しました。小さな体にこの食欲、びっくりです。トイレ完璧、ウンチ良好、少しずつ慣れてくとともにボストンカラー全開で、いびきに寝言にメッチャ可愛いです。
もう一つ嬉しい事がありました。先住犬ひなの私達に対する態度が変わりました!これまでは素っ気ないというかクールなひなでしたが、競争心が芽生えたのでしょうか、気付けばさり気にそばに居たり、これまでとは見違えるくらい聞き分けがよく、お利口さんになりました。こんなひなの振る舞いがこれまでより増して可愛いく、立派な頼れるお姉さん犬に思えます。
はるを迎え入れるまでは不安もありましたが、今は本当に多頭飼育にチャレンジして良かったと感じています。これからもよろしくお願いいたします。

2017年6月8日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ボストンテリアについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved