ミニチュアシュナウザーが中条様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2016年7月24日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が三重県の中条様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「ソウル」です。

ソウルは「パピー合宿」に入っていました。ですので犬同士の社交性は抜群です。そして3回目の混合ワクチンを接種(生後100日目)しおえていますのである程度抵抗力が高い状態です。

ご実家には3歳になるトイプードルの男の子がいますが、この子は躾らしい躾をしていないとのことで、ヤンチャで活発な可能性が高いようです。じょうずにソウルと遊べる子だったらいいのですが、あまりに激しくソウルに絡まれるとソウルの体調に影響するかもしれませんし、最初に嫌な印象を持たせてしまうと後々遊べなくなることもありますので、初顔合わせの時には十分注意した方がいいです。

ソウルはパピー合宿中の散歩の練習ではグレーチングや段差もスムーズに歩き、車の音にも動じませんし、歩いている人や犬とすれ違う際にもテンションは上がらず吠えることもありません。リード裁きさえ間違えなければ安定してリーダーウォークできる子に育ちました。

お手入れはブラッシング、ドライイング、爪切り、耳掃除、トリミング、シャンプーなどすべてのお手入れをスムーズにさせてくれます。歯みがきには抵抗しますがこれから徐々に慣れてくれるでしょう。多少嫌がって抵抗しても諦めずにやり切ってしまうことが大切です。主従関係を意識しながらお手入れを行なうことが大切です。

素直な良い子に育ってくれることを願って止みません!

2016年11月27日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved