レオンベルガーが米田様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2016年7月27日生まれのレオンベルガーの子犬(男の子)が大阪府のM様のもとへ巣立ってゆきました。

子犬の名前は「チューイ」です。

チューイは生後61日目からパピー合宿に入って、犬同士の社交性を身に付け、散歩でのリーダーウォークを練習し、トイレトレーニングを行い、お手入れにも慣れさせてきました。合宿後半では人慣れさせるために弊舎のドッグランでよくお客さんと触れ合わせました。

M様は5月にご予約をされて、その後出産の報告をしまして、8月に「子犬選び」に来て頂き(男の子は1頭だけでしたが)、9月と11月に「子犬の面会」に来られました。その間に飼育用品のアドバイス及び販売をさせて頂いて、飼育方法についてアドバイスしてきました。

M様は以前ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーを飼われていましたがひどくヤンチャで飼い主の言うことを聞かず、まったく社交性がなく、人に唸り、噛もうとし、飼育にとても手を焼いたそうです。お話しを聞くたびに気の毒に思いました。が、ゴールデンやラブといえどもそういう子はいるものです。その犬種によってイメージがありますが、あくまでも生き物ですから個々に違いがあるものです。

チューイはまだ人見知りする面はありますが他はかなり高い完成度に育ち上がっております。他犬種と比較すると生後3ヵ月半とは思えない優秀さです。落ち着きがありますし、聞き分けが良いですし、とても従順でお手入れ慣れしています。吠えることはありませんし、唸ったり噛もうとしたり反発心は皆無です。暴れまわったりすることもありません。制止コマンドはすぐに入ります。

ついでの食欲があって便は安定しており、皮膚の状態はパーフェクトで風邪など引かずスクスクと順調に成長してきました。父犬を越えるサイズに成長するのではないかと思っています。

M様からのご報告を今から楽しみにしています。そして何より良い家族の一員として暮らしてほしいです。

2016年11月14日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

レオンベルガーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved