ミニチュアシュナウザーが内田様(京都府)のもとへ巣立ちました!

2016年6月1日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ソルト&ペッパーの女の子)が京都府の内田様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「リン」です。

内田様のお家にはミニチュア・ダックスフンドの男の子と女の子、トイプードルの男の子と女の子、ヨークシャー・テリアの男の子と女の子の合計6頭が先住犬として暮らしています。ですのでリンが加わって7頭の子達となり、合計9人家族になります。大所帯ですね。素晴らしいです!

何が素晴らしいのかといいますと、犬種が違うだけではなく、どちらの性別の子もいて、しかも別々の時期ではなく同時期に飼育されています。仲の良い子たちばかりではないですが、そこは経験豊富な内田様です!じょうずに工夫したり犬たちを導いておられます。

このような方は滅多にいらっしゃいませんが、このような飼育をされている方から聞ける話は次元が違います。愛犬家としての器も違います(笑)。概して細かいことを気にしていると犬の飼育にはよくないですし、愛情はできるだけ分散した方がよいものです。内田様はそういうことを体感的に知っておられる節がありました。

リンは生後4ヵ月半で巣立ちましたから排泄の回数は成犬並みに少ないです。これまでブリーダー モトコランドで暮らしてきましたから聞き分けのよさが際立っています。そして抵抗力が高いので体調の心配は誤飲以外にはありません。

リンだけではないですが、彼女を見ているとすべての子犬を生後4ヶ月以上でお引渡ししたいとつくづく思います。きっと内田家の群れの中でじょうずに逞しく楽しく生きてゆくことでしょう!

2016年10月23日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved