ポメラニアンが宮本様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2015年12月1日生まれのポメラニアンの子犬(女の子)が兵庫県へ巣立ちました。

子犬の名前は「もなか」です。近頃、愛犬の命名に和名が増えたことを個人的に嬉しく思っています。

もともと男の子を希望されていらっしゃいましたが、もなかに出会ってその明るい性格を気に入ってくださったことから決定いたしました。

宮本家では過去にラブラドールレトリバー、パピヨン、シーズーと暮らしておられました。ご実家にはポメラニアンがいたそうです。

もなかは「パピー合宿」でも持ち前の明るさでどんどん犬同士の社交性を身に付けて、小ぶりな身体ながら元気に逞しく育ってゆきました。お手入れにもよく慣れてくれています。シャンプー・リンス、ドライイング、ブラッシング、肛門腺絞り、爪切り、耳掃除、歯磨きなどすべてのお手入れをしてきました。歯磨きは少し苦手ですがこれからも継続すればできるようになるレベルですし、他のお手入れはパーフェクトに簡単にさせてくれるようになりました。

散歩ではかなり上手にリーダーウォークできるようになっています。これからはできるだけ騒々しいところへ連れて行くことです。そして人に触ってもらうことが大切です。これは大人になってからでは遅過ぎます。物音や他人に過敏に反応しない子に育てるためにも今が大切です。

そして更には生活音に慣れさせることです。今のところインターホンの音にはまったく吠えませんが、これからも継続して毎日インターホンの音を聞かせた方がいいです。ですから家族の皆さんで帰宅時や外出時にも鳴らして聞かせるといいでしょう!

いつか立派な成犬となった「もなか」と再会したいです!!

 

2016年2月27日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved