ポメラニアンが前田様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

7月14日生まれのポメラニアンの子犬(男の子)が大阪府へ巣立ちました!

子犬の名前は「マロン」です。マロンは長らくモトコランドで育ちましたので、天真爛漫で明るく活発で物怖じせず、犬同士の社交性は抜群でしかも上手に遊べる子です。無闇にヤンチャではありません。

すでに3回目の混合ワクチンを接種し終わっていますので、成犬ともすぐに遊ばせることができます。

前田様は今年の4月27日生まれのクリームのポメラニアン(男の子)をモトコランドから迎え入れておられます。その子の名前は「クルム」。そのクルムは大変ジェントルマンに育っていました。その弟分として7月14日生まれの子を迎え入れられたわけですが、前田様の娘さんと誕生日が同じであることに驚きました。

ただそれだけの理由ではなく、先住犬がいるため3回目の混合ワクチンを接種し終えたくらいのポメラニアンを迎え入れたいと考えていらっしゃったとのこと。

大大正解です!

ポメラニアンですから当然毛は抜けます。1回目の換毛期は生後3ヶ月前後にやって来ます。それが気になるのであればポメラニアン以外の犬種を迎え入れた方がよいでしょう。

小さな小さな幼い子犬を無理無理に迎え入れることは賢明ではありません!予約のタイミングが早くても早くなくても、子犬を幼いうちから我が家に迎え入れない方がいいです。マロンくらいの月齢になればもう何も心配ないです!体調は崩さないですし、排泄の回数は少ないですし、社会性がかなり身に付いています。何もしつけを入れなくていいとはいいませんが、制止コマンドが入りやすくてこれほど扱いやすい子になるには、相応の期間が必要です。

来年の「お里帰りの会」で2頭に会いたいです!!

2015年12月21日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved