トイプードル

犬種標準

原産地
フランス、中欧
サイズ
体高/スタンダード45~60㎝(上下2㎝まで許容される)、ミディアム38~45㎝、ミニチュア28~38㎝、トイ28㎝以下(26㎝が望ましい)。
外観
スクエア(体長と体高が等しい正方形)な体構で、よく均整がとれており、慣習による被毛の刈り込みによっていっそうプードル独特の優雅さや気品が高められている。
特徴と性格
利口、活発、従順で、しかも活動的な動きを見せる。
頭部
スカルはほどよい丸みで、ストップはわずかだがはっきりしている。鼻は毛色によってレバーかブラック。マズルは長く、真っすぐで、目の下にわずかな彫を持ち、力強い。マズルとスカルは同じ長さ。歯の咬み合わせはシザーズ・バイトである。両目はほどよく離れてついており、アーモンド形。耳は目の高さかまたは目よりもやや低い位置につき、頭部にぴったり沿って垂れて、長く、幅広く、豊富な飾り毛に覆われている。
力強く、十分に長く、良い均整を保って頭部を高く上げており、喉の下にたるみがあってはならない。
胴体
キ甲は高く、背は短く、水平。胸は胸底が深く、ほどよく幅広く、肋骨はよく張っており、腹はよく引き締まっている。
つけ根の位置が高く、根元が太く、上を向いており、決して巻いたり背負ったりしていてはならない。全体とのバランスがとれた断尾をする。
四肢
前肢は十分な骨量と筋肉を持ち、肘から真っすぐに伸びており、肩甲骨は後方へ十分に傾斜している。パスターンは強くなければならない。足は小さく、丸く、よく引き締まっており、パッドは強固である。後肢は強健な筋肉に富み、大腿は十分に発達して、スタイフルはよく屈折し、飛節は低い位置にあるのが望ましい。後肢の趾、パッドは前足とほぼ同じである。
被毛と毛色
被毛は比較的硬く、非常に豊富なカーリー・コート(巻き毛)、コーデッド・コート(縄状毛)が密生。毛色は綺麗な1色毛であることを理想とし、ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあり、同色内の濃淡がある。カフェオレはブラウン系に含まれる。1色毛以外の毛色は失格となる。なお、ブラウン系の毛色の犬は鼻、目縁、唇がレバーで、爪はダーク(暗色)、目色はダーク・アンバー。その他の毛色の犬は鼻、目縁、唇がブラックで、爪はブラックまたは毛色に近い色でもよい。ただしアプリコットの犬は鼻、目縁、唇がレバーでも許容される。また、目色はアンバーでも許容されるが、好ましくはない。

「最新犬種スタンダード図鑑」JKC参照

Copyright Motocoland

All Rights Reserved