ホワイトシュナウザーが岡原様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2021年3月4日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(男の子)が愛知県の岡原様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「白亜」です。命名について「儚い王子様に見えた ・・・ 王子といえば白亜の城・・・白いしという由来です。」と教えてくださいました。モトコランドでは昔「白銀の貴公子」と呼んでいました(笑)。「ホワイトナイト」というイメージも持っていました。つまり、ホワイトシュナウザーは男の子だったんです。

以前はブラックのシュナウザーと長年暮らしてこられましたが、今回は真反対の毛色のホワイトシュナウザーとの生活が始まります!

昨年11月に予約して頂いてやっとお引渡しのときがやって来ました。この間に白亜は「パピー合宿」でしつけしてきましたし、逞しく育ってきました。生後約100日ほどたっています。人間の年齢では6~7歳児くらいです。(生後2ヶ月は3歳児です)

以前は一日三回も外に出して排泄させていたとのことですから、今度は室内で排泄する習慣を残した方がよいですよ。まずは散歩を習慣付けないことです。散歩を習慣付けるとお互いに負担になる可能性が高いですからね。

2021年6月12日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved