ミニチュアシュナウザーが吉川様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2021年1月30日生まれのミニチュアシュナウザーが三重県の吉川様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ラウロ」です。

命名の由来を詳しく教えてくださいました。「イタリア語の古い言い方で月桂樹という意味です。イタリアの男性名でもあります。子犬を初めて見たときに、おっとりして賢そうな子、しっかりとした子だなという印象でした。2つの名前候補で悩んでいましたが、我が家の玄関の横に月桂樹の大きな木があり、常緑でがっしりとしたその姿と重なったこと」

他にも理由を教えてくださいましたが月桂樹のある家がどのようなお家なのか楽しく想像しておりました(笑)。きっと素敵な家なのでしょうね。ちなみにラウロの血統書名は「ロメオ」です。奇遇なことですがこれまたイタリアっぽい名前ですね。

ラウロの出生時の体重は233gでしたからなかなかの立派な赤ちゃんでした。だからといって大きく育つわけではありません。両親は小ぶりです。特に父犬のロックは小ぶりです。このロックに聞き覚えのある方は多いはずですし、モトコランドでロックを見た人も多いです。10歳になるロックの最後の子供となります。

ラウロには去勢手術しないでいてほしいと思ってしまいます。

2021年4月28日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved