ミニチュアシュナウザーが森下様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2020年7月20日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの女の子)が大阪府の森下様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ハンナ」です。命名の由来は「シュナウザーはドイツ犬ですので、ドイツ語の女性の名前から、やさしい、恩恵、という意味のある優しい響きの名前を選びました。」勉強になりました!

ハンナが誕生してすぐのころに見学に来てくださっています。とはいえまだご覧頂けるような状態ではなく、予約の順番もありますのでその日は予約の手続きを済ませておられます。その後の8月下旬ごろに合同で「子犬選び」となりました。そこで初めてハンナが正式決定しています。

生後61日目から「パピー合宿」が始まり、森下様には「モトコランド 飼育マニュアル」を読んで頂いたり、ミニチュアシュナウザーのための飼育用品の一覧をお知らせして子犬を迎え入れる準備を進めて頂きました。

ハンナは2回目の混合ワクチン接種(これが最後です)を終えてお引き取りを迎えています。この日には「リーダーウォークセミナー」を受けてくださっていますが、なかなか歩かないもので(苦笑)これはよくあることでございます。

1週間~10日もすれば人や環境に慣れているはずです。そして上手に街中を歩いているでしょう!

2020年11月5日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved