ポメラニアンが近藤様(奈良県)のもとへ巣立ちました!

2020年1月15日生まれのポメラニアンの子犬(ライトオレンジの女の子)が奈良県の近藤様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「さくら」です。命名について「娘が桜が好きで家に欲しいと言っていたのもあり、子犬の名前にすることになりました。」と知らせてくださいました。最も日本的な女の子の名前ですね。さくらと対になる男の子の名前は何でしょうね・・・

近藤様はご実家では代々ポメラニアンを室外飼育してこられました。シャンプーもお庭だったそうです。今ではそれがかわいそうといわれる時代へと移り変わりましたが、30年や40年前まではずっと室外で犬を飼育していましたね。

近藤様は1月に子犬をご予約されて、さくらが生後61日目になってからお引き取り日まで「パピー合宿」に入ってきました。4月初めには「お手入れセミナー」を、そしてお引き取り日には「リーダーウォークセミナー」を行っています。

リーダーウォークセミナーではまだ幼いさくらが一生懸命歩く様子が写真に写っています。さくらは明るくて物おじせず、何でも素直に受け入れる扱いやすい子に育ちました。帰り際のクレート(ペットキャリー)内でも大人しくじっとしていました。怖がる様子もなかったです。

たくましく生きてくれると思います。そして地域の皆さんに愛される子へと成長するでしょう。

2020年5月2日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved