ホワイトシュナウザーが伊賀様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2019年11月4日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(男の子)が兵庫県の伊賀様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「モグ」です。名前の由来を「子犬の名前ですが昨晩家族で相談しました。“モグ”に決まりました。由来は12/7に対面させて頂いた時のイメージです。」とお知らせくださいました。直感的、感覚的なものも大切ですね。伊賀さんらしく思いました。

モグは生後61日目から「パピー合宿」に入って育ててきました。混合ワクチン接種を終えています。実は同じ日に巣立った松田様の子犬と兄弟です。しかも同じ日に「子犬選び」をしていただきました。ですからずっと一緒にご飯を食べたり遊んだり寝たりしており、トイレトレーニングも動画や写真撮影の時も一緒であり、お引渡しの直前まで一緒に過ごしてきました。散歩やお手入れのとき以外は離れることはなかったかと思います。

ホワイトシュナウザーは毛が伸びるのが遅めの子が多く、毛量が少なめですから子犬のお引き取り後にどこかのドッグサロンなどでトリミングしてもらうときには、ソルト&ペッパーやブラック&シルバーとは違って少し長めにカットしてもらうことをお勧めしています。

被毛の艶を維持するためにはブラッシングが一番です。皮膚の血行をよくすることで被毛の状態が上がるのでしょう。昔からそうですが、どんな犬種でもマメにブラッシングされている子の被毛はとてもきれいです。そして健康だと感じます。

 

2020年2月10日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved