ポメラニアンが細谷様(神奈川県)のもとへ巣立ちました!

2018年12月3日生まれのポメラニアンの子犬(クリームの女の子)が神奈川県の細谷様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「Lulu(ルル)」です。命名の理由を教えてくださいました。「呼びやすい名前が良いと考えたのですがドイツ語で大切という意味があるようです。」ルルという名前に「大切」という良い意味があったことは知らなかったです!

細谷さんはモトコランドから6歳のポメラニアンを迎え入れてくださっていました。「ヒメ」改め「はな」です。

その子が今年1月に15歳で虹の橋を渡り、今日初めて「里帰り」をしてくださいました。お骨を抱きしめて朋碑の前でてを合わせてくださいました。朋碑には両親や兄弟や子供や甥っ子、姪っ子、叔父や叔母もいます。きっと再会を懐かしんでくれているものと思います。

そしてその同じ日に「はな」の血を引く「ルル」を迎え入れる日となりました。このルルはモトコランドに残して「モアナ」と命名しておりましたが、ブリーディングに向かない小ぶりなサイズだったためお引渡しすることに決定いたしました。

ルルは小さめでも元気で社交的で気立ての良い子です。犬にも人にもフレンドリーな子です。今日のこの日も初対面の細谷様にすぐに懐いてくれていました。私たちはとても良い日になったと喜んでおります。細谷さんご夫妻も喜んでいらっしゃいました。

今度はいつかルルが若いうちに「お里帰りの会」で再会したいです。

2019年5月5日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved