バセットハウンドが山下様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2018年10月1日生まれのバセットハウンド(レモン&ホワイトの男の子)が三重県の山下様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「クルト」です。命名の由来「クルト」はフランス語で”短い”という意味です。バセットが短いわけではないけれど、響きがよかったのでこの名前にしました。へんですかね? と教えてくださいました。変ではないですよね。かっこいいです。四肢が短いバセットハウンドですからぴったりです。

山下様は以前ダックスフントと暮らしておられました。はやりドワーフタイプの犬種がお好みでしょうか。昨年の7月にご来舎されてバセットハウンドの子犬をご予約いただきました。まだ「クルト」は誕生しておりません。

しばらくお待ち頂いて10月のバセットハウンドの出産があって、その旨をお伝えして10月下旬ごろの「子犬選び」のときに始めてクルトと対面することとなりました。そのときにモトコランド製作のマニュアルや動物保険の資料をお渡しして、飼育用品をアドバイスして必要な物を揃えてくださっています。

一方、クルトは生後61日目から「パピー合宿」が始まってしつけに励んでまいりました。

そして年が明けました。よいお正月を迎えられたと思います。
クルトを迎える数日前に「お手入れセミナー」を受けていらっしゃいます。これでお手入れ用品の使い方やお手入れのコツが分かったと思います。あとは”慣れ”ですね。

こうしていよいよ憧れのバセットハウンドを迎え入れる日がやって来ました。ドキドキとワクワクの交錯したお気持ちだったことでしょう。山下邸はモトコランドから1時間少々の距離ですから、いつか「お里帰りの会」「愛犬合宿」などで再会できることを楽しみにしています。

 

2019年1月13日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

バセットハウンドについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved