バセットハウンドが田原様(岐阜県)のもとへ巣立ちました!

2018年6月29日生まれのバセットハウンドの子犬(レモン&ホワイトの女の子)が田原様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ロコ」です。

田原様は今年の5月にバセットハウンドをご予約されました。過去に3頭のバセットハウンドと暮らしてこられましたのでロコが4代目となります。ベテラン中のベテランですが、バセットハウンドの飼い主さんとしては珍しいです。

ロコが6月29日に誕生して、その旨をお知らせして8月中頃に実際に始めてロコと対面して頂きました。そこで正式に決定いたしました。

ロコは生後61日目から「パピー合宿」に入って、しつけの英才教育を受けて少しずつ良い子に育ってきました。排泄の回数がへり、アイコンタクトを取りやすくなり、抵抗力がアップして健康状態が安定してきました。

混合ワクチンは2回接種し終えています。食欲は旺盛で肉付きはちょうどよいです。生後3.5ヶ月頃から4ヶ月ごろにかけて徐々にウェストのクビレを作るときです。人間に例えると幼稚園児が小学校へ上がる頃ですから、上へ上へと背が伸びて、お腹がぽっこりとした幼児体型からヒョロリとした体型へと変化するころです。

一般的に小型犬や中型犬は生後3ヶ月か3ヶ月半にもなると与えるドライフードの分量は成犬と変わりません。しかし、もちろん体重はどんどん増えていきます。でも与えるフードの分量は体重に比例しません。そこはご注意いただきたいです。

バセットハウンドはついつい太らせてしまう飼い主さんが多いです。バセットハウンドもウェストのくびれを作って彼らなりのスリムな体型を維持しましょう!

2018年10月17日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

バセットハウンドについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved