ミニチュアシュナウザーが野田様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2018年4月23日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの女の子)が愛知県の野田様のもとへと巣立ってゆきました!

数週間前にご実家のシェルティーが虹の橋を渡ったとのこと。同居していなくとも寂しい気持ちはあるかと思います。今の家族構成になってからは初めて愛犬をいちから飼育し始めることになりました。

スタートから犬を飼うことが初めてになりますので、子犬よりも成犬から飼育した方がよいのではないかということで少し悩まれていましたが、諸々のお話を聞いて頂いて生後3ヶ月半のミニチュアシュナウザーの子犬を迎え入れることが決まりました。

ブリーダーのもとで育てられてきた成犬と子犬では、もちろん成犬の方が飼育は楽ですし安心して飼育できます。両者は随分違います。初めて犬を飼う方々やご高齢の方々や幼いお子さんのいるご家庭や先住犬がいるところでも成犬から飼い始めたいと希望されることがあります。

一方、「子犬」と一言でいいましても生後50日齢の子犬と生後3ヶ月齢の子犬ではあまりにも違います。トイプードルとミニチュアシュナウザーでも違いますが、ミニチュアシュナウザーで生後3ヶ月半以上たっている子犬でしたらとても丈夫ですし、留守番はへっちゃらですので共働きのご家庭でも初めて犬を飼う方でもハードルは高くありません。

写真には明るいご主人だけが写っています。散歩などで愛犬と外へ出るときには積極的に愛犬を誰かに触ってもらいましょう。幼い頃のしつけとしてはそれが一番大切です。社交的な子に育てましょう!

2018年8月12日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved