ミニチュアシュナウザーが奥村様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2018年4月19日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が三重県の奥村様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「バロン」です。

奥村様は以前もミニチュアシュナウザー(ソルト&ペッパー)を飼育されていました。そしてそのときにはご自宅でいろいろなお手入れをされていたそうです。モトコランドはそういう皆さんを支援しています!お手入れのために必要な道具は何か、どのようにお手入れを行なえばよいのかなど具体的に説明する機会として「お手入れセミナー」を実施していますので、子犬を迎え入れてからでも分からないとき困ったときには個別に指導させていただいています。

バロンは「パピー合宿」に入ってサークル内でのトイレトレーニングや散歩でのリーダーウォークやお手入れ慣れや犬同士の社会性を身に付けてきました。そしてその間に混合ワクチン接種を終えて抵抗力・免疫力がアップし、排泄の回数が少なくなってとても育てやすい子に成長しています。

バロンはもうすぐ生後4ヶ月です。私たちとしては子犬をお引渡しするよい月齢だと思います。お引渡しする子犬の月齢の線引きはできませんが、1日でもというと大袈裟ですが1週間でも遅い方がよいと感じています。

また、飼い主さんにとってははやる気持ちもあるかと思いますが準備する時間は大切ですから、子犬を予約されてから迎え入れるまでの期間がせめて2週間、できれば1ヶ月以上あるとあると慌てずに準備ができるでしょう。必ずしもすべての条件が揃うわけではありませんが、私たちは常に巣立ったとのことが念頭にあります。

バロンが奥村家に慣れるのには時間がかからないはずです。そこからがしつけのスタートです。そして楽しいドッグライフが待っていますね。そう思うと私たちもワクワクします!

 

2018年8月8日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved