ポメラニアンが川人様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2018年2月1日生まれのポメラニアンの子犬(ウルフグレーの女の子)が兵庫県の川人様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ウメ」です。ちなみにウメの父犬は「五右衛門」です。父娘そろって古風な名前ですね。

川人家では1年半ほど前までポメラニアンがいました。その子は男の子で17歳まで生きてくれていたとのこと。ただ、その子は人も犬の苦手だったということですからウメが社交的な子に育って欲しいです。

以前のポメラニアンが男の子だったので今度の子犬も絶対に男の子がよい、というご希望でしたが「モトコランド奮闘記」に載っていたウメを見て気に入ってくださり、今回はポメラニアンの女の子を迎え入れてくださることとなりました。

モトコランドではご予約時に希望の条件(毛色や性別など)をお聞きしていますが、「子犬選び」など子犬が正式に決定するまでは希望条件を変更することができます。犬種を変更することもできます。

ウメは「パピー合宿」に入って、散歩やお手入れや排泄や犬同士の社会性を身に付けてきました。写真に写っている大型犬は教育係りのライザです。パピー合宿の子達は大型犬とも触れ合いますので、これからも機会があれば街中でいろいろな犬たちと挨拶させてあげてほしいです。

以前のポメラニアンは体重が5kgほどあったそうですが、ウメはその半分かまたは半分以下の体重に収まるでしょう。ですので川人様はウメがいつまでたっても子犬のように見えるかもしれませんね。少食な子ですが元気に逞しく育ってくれるでしょう!

2018年4月28日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved