ミニチュアシュナウザーが磯元様(三重県)のもとへ巣立ちました!

2017年8月6日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が三重県の磯元様のもとへ巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ショコラ」です。

磯元様は初めて愛犬と生活します。そういうこともあり「プチ飼い主体験」を受けられました。当初はトイプードルを希望されていましたが、少しでも頑丈、丈夫なミニチュアシュナウザーに希望を変更されました。

今年5月にご予約を頂いて、その後子犬が8月に誕生してそのことをご連絡し、子犬選びにお越しいただきました。ショコラは生後61日目から「パピー合宿」に入り、生後100日目の最後の混合ワクチンを接種し終えて1週間ほどたったころのお引取りとなりました。

排泄と散歩は密接な関係があります。毎日散歩へ行くとほとんど愛犬は室内で排泄しなくなります。一方、散歩へ行かない日がある子は室内でも必ず排泄するものです。一度室内で排泄しなくなったら、後戻りはかなり難しいです。なかなか室内で排泄してくれなくなります。

どちらを選択してもよいです。それは愛犬が決めるものではなく飼い主が決めることです。どの本や雑誌やネット情報にも「散歩」と「運動」を同義で書かれていますが、散歩は「ツケ」「ヒール」「リーダーウォーク」といって飼い主の真横に付いてお行儀よく落ち着いて散歩させることが大切ですから、運動と散歩は違います。

また、散歩も運動もそうですが習慣付けなければ毎日それを要求しません。つまり、365日欠かさず散歩と運動が必要なものではありません。メリハリ、変化があった方がよいですし、同じ時間に同じ事をし続けること(規則正しい生活)が愛犬にとって必ずしもよいことではありません。

2017年11月20日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved