ミニチュアシュナウザーが大山様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2017年7月15日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ソルト&ペッパーの男の子)が大阪府の大山様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ゴン」です。亡くなって10年ほどになる先代の柴犬と同じ名前だそうで、その犬が健康でとても賢い子だったので今回もそう育って欲しいと願いを込めて命名されました。

今年の10月は台風のとても雨量の多い月だったようですが、雨の日は室内や屋根のある場所で散歩の練習を行ないました。ゴンは生後61日目から始まるしつけプログラム「パピー合宿」でがんばってきました。

一般には雨の日にまで愛犬を散歩に連れて行く必要はありません。散歩を習慣付けてしまうと要求しますし、そういう子を散歩へ連れて行かないとストレスになりますが、そもそも毎日散歩へ連れて行かなければ散歩を要求しませんからストレスになりません。

また毎日散歩へ連れて行くとそのうちに室内では一切排泄しない子になり、散歩を主観付けていない子は室内で確実に排泄しますので、飼い主も愛犬もストレスを感じることはありません。

愛犬が自らの意思であるいは本能によって外で排泄するようになるのではなく、間違いなく飼い主の習慣付けによって決まるものですから、そういう意味でも散歩へ行かない日を作ることをお勧めしています。

もちろん、この事を承知の上で毎日散歩へ連れ出すことに反対しません。愛犬に害になるものでもありません。ただし、飼い主の負担になることが心配なだけです。愛犬が年を取って歩けなるかもしれないことを思うと「飼い主中心の生活」が困難になると考えられます。

2017年10月29日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved