ミニチュアシュナウザーが前田様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2017年7月12日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が愛知県の前田様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「カイル」です。

前田様は8月に新居へ引越しされるとのことで、その引越しのあとから子犬を迎え入れたいとのことでミニチュアシュナウザーをご予約されました。

ご主人は過去にダックス2頭と暮らしていらっしゃったので犬のことそのものはよくご存知でした。奥様と一緒に愛犬と暮らすのは初めてだそうです。

カイルは生後61日目から始まる「パピー合宿」でお行儀よく散歩したり、お手入れに慣れさせたり、サークル内でのトイレトレーニングをしたり、犬同士の社交性を身に付けたりしてきました。

お手入れ用品についてはモトコランドが推奨する用品を一式ご購入頂いたので、いつかはモトコランドで「お手入れセミナー」を受けられた方がよいと感じました。これは何度も受けて頂くことができます。

パピー合宿ではじょうずにリーダーウォークできるようになりましたが、前田家に迎え入れられてからの散歩でうまく歩けなくなることはあります。リード裁きが大切でもありますが、新たな環境ではじめての刺激、はじめての体験をしたときにうまく歩かないことがあるからです。

ですから、新たな環境に慣れさせる意味の散歩と同時に、うまく愛犬を導くリード裁きが大切です。生き物は機械のようにボタンやレバー操作のように明確で確実に動くものではありませんが、専門家の意見に耳を傾けながら工夫し、飼い主も付き合い方を学ぶと良い結果につながるものです。

2017年10月27日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved