ミニチュアシュナウザーが渡邊様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2017年6月30日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が愛知県の渡邊様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「六朗太」です。

渡邊様はご姉妹で犬を飼育されますが実は。お二人とも元々は犬が苦手でした。しかし、今はもちろん愛犬家となられています。とはいえ初めて犬との生活が始まりとても心配されていらっしゃいました。

この「心配」というものについてモトコランド内でも様々です。まずは心配する点が人によって違うこともあります。また心配の度合いも違って当たり前ですね。そして心配してどのように行動するのかも違いますね。

大抵は心配が過ぎるとどんどんと問題解決から外れてゆきますので、心配している本人は苦しくなるばかりです。また、その心配する気持ちからなかなか逃れられないものです。心配の当事者は「心配はするものだ。」「心配して当たり前だ。」といいます。心配しながらも工夫したり、心配の上に考えて行動するから乗り越えられるものだと考えています。

心配は自然としてしまうように思えますがそうでしょうか。それは日頃の己の物の見方・考え方が大きく影響していると思えます。心配しなくとも慎重に行動したり工夫することができます。心配する心は時に他者を攻撃することもありますから、心配の状態に入ったときにはすぐに行動せずに一呼吸おいてから考え直してみることが大切です。まずはそこを訓練したいものですね。

さて、期待と不安の中で愛犬を迎える方々もいらっしゃいます。でも皆さんそのうちには愛犬との生活に慣れていつの間にか心配しなくなり、楽しい生活を送って頂くことになります。

 

2017年10月18日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved