ミニチュアシュナウザーが樋口様(京都府)のもとへ巣立ちました!

2017年7月12日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの女の子)が京都府の樋口様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ココ」です。

樋口様は初めて愛犬と暮らすこととなります。ワクワクドキドキ、つまり期待と不安が入り混じった気持ちを抱かれていました。初めての方々はほとんどの皆さんが同じ気持ちです。

シュナウザーの出産前にご予約頂いており、出産後に子犬を選んで頂いています。ココが正式決定してからは飼育用品のアドバイスや「モトコランド 飼育マニュアル」の手渡しや「アニコム動物保険」の説明などをさせて頂きました。

一方、ココは生後61日目から「パピー合宿」が始まりました。このしつけプログラムがモトコランドの大きな特徴です。ほとんど皆さんはこのパピー合宿に入れてから子犬を迎え入れてくださっています。非情に重要な期間です。これが始まると「モトコランド奮闘記」「モトコランド日記」に子犬の記事がアップされます。しつけでがんばっている愛犬の様子をご覧頂けます。

ココは生後70日目の混合ワクチン(2回目)が終わって生後85日目でお引渡しさせて頂きました。若干早めですがサークル内でのトイレトレーニングはパーフェクトになりました。パピー合宿で最も重視しているしつけです。モトコランド指定のサークルとトイレトレーとベッドをセッティングすれば、パピー合宿を経て巣立った子犬たちはみんな粗相することがありません。信じられないかもしれませんがこれは大袈裟ではなく事実です。

ご自宅へ迎え入れられたココが新しい環境に慣れて、少しでも樋口様を心配させたり困らせることがないよう願って見送りました。

良い子に育って欲しいです!

2017年10月5日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved