バセットハウンドが江口様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2017年7月6日生まれのバセットハウンドの子犬(トライカラーの女の子)が愛知県の江口様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「べス」です。

江口様は過去にバセットハウンド(トライカラーの女の子9と暮らしておられ、今も2頭目としてトライカラーの男の子(2歳)と暮らしておられます。珍しいことに2頭ともペットショップから迎え入れているそうです。

つまり、「べス」が3頭目のバセットハウンドとなり、2頭目の子との多頭飼育ということになります。バセットハウンドの多頭飼育はとても多いです。また、ご経験がおありなので江口様は犬の飼育についてとてもよくご存知でした。(コッカーも2頭飼育していた時期があったそうです)

多頭飼育におけるセオリーがあります。

「異性間では絶対にケンカしない」

同性の場合は時にライバルになることがありますが、異性で争うことはありません。例え先住犬(年上の子)が男の子でも、先住犬が大型犬の男の子でも、そういうことで上下関係が決まるのではなく、犬の世界では原則女の子優位です。大人しい女の子とやんちゃで活発な男の子であってもです。男の子は女の子にケンカをしかけることはありません。一方で女の子は男の子に怒ることはあってもケンカすることはありません。

ただし、異性で多頭飼育する場合は去勢・避妊手術した方がよいです。

2頭でじょうずに散歩できるようにもした方がよいですね。いつか2頭のバセットハウンドが仲良く過ごす様子を写真で見てみたいです!

2017年9月10日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

バセットハウンドについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved