ホワイトシュナウザーが瀧口様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2017年5月5日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(男の子)が兵庫県の瀧口様のもとへと巣立ってゆきました!

ホワイトシュナウザーの子犬の名前は「マビッシュ」です。名前の由来は仏語で「可愛い大切な人」という意味から名付けられたそうです。

ハワイと芦屋市を何度も行き来されているので、いつかマビッシュも一緒にという夢はあるかと思いますが、瀧口様は愛犬との暮らしが初めてでドキドキされていらっしゃいました。ですので今はそこまで考えられないようでした。

ちなみにハワイは日本と同じ狂犬病未発生国ですから、動物の移動は比較的条件が緩いです。地球上で狂犬病未発生国はアイスランド、ニュージーランド、オーストラリア、ハワイ、グアム、フィジー諸島と日本だけです。これらの地域から日本へ犬や猫などの動物を輸送するときには動物検疫制度の上で比較的楽です。

瀧口様はマビッシュが誕生した3日後に子犬をご予約されました。当初はブラック&シルバーのミニチュアシュナウザーを希望されていらっしゃいましたが、その後にホワイトに変更(子犬選びまででしたら希望を変更できます)。

6月10日に「子犬選び」を済まされて、マビッシュは生後61日目から「パピー合宿」に入りました。瀧口様は6月半ばから8月下旬頃までハワイで生活されて、帰国後の9月にマビッシュをお引取りされました。マビッシュは生後約4ヶ月となりましたので、すっかりたくましく成長しています。

いつかハワイで撮影されたマビッシュの写真を見ることができるかもしれませんね。

アロハ~、マハロ~!
マビッシュ、See you again!

2017年9月3日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved