レオンベルガーが齋藤様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2017年3月13日生まれのレオンベルガーの子犬(ライオンカラーの女の子)が大阪府の齋藤様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「サリー」です。

齋藤様は昨年の7月にレオンベルガーの子犬をご予約されました。過去にはゴールデンやバーニーズと暮らしておられ、今はトイプードル4頭と暮らしておられます。そこへ今回のレオンベルガー「サリー」が新加入することとなりました。

長らくお待たせしましたが、子犬選びや子犬面会を経てようやく子犬のお引取り日がやってきました。飼育用品や飼育スペースについてはあまり心配されていませんでしたが、久しぶりの大型犬の子育てです。それなりの心構えは必要ですね。

一番気にされていたことは4頭の先住犬であるトイプードルたちとのことです。4頭とも老齢犬です。そこに大型犬の遊び盛りがやってきますので、トラブルにならないように過ごさせたいとの思いが強くなるものですね。飼い主としては当然の気持ちですし理解できます。そしてモトコランドも今までにも数え切れないくらいに経験してきたことです。

しかし、初日からサリーは先住犬のトイプードルたちとうまくやってくれているようです。
以下は齋藤様からのメールの一部抜粋です↓


家に帰ってからは先住犬達とも何事もなくお互いの匂いを嗅いでおしまい(笑)
ちょっと拍子抜けしたくらいです(笑)

その後は水を飲んでご飯も食べずにサークル内で朝までぐっすり寝てくれました。
(私達の寝室に移さずにリビングのサークルの中で寝てました)

朝ごはんはしっかり食べてくれてサークルから出しても
住犬と揉めることもなく過ごしています。

とりあえず良かったです!
一番の心配事が吹っ飛びました。
これからはトイレトレーニングに励みつつ、健康に成長することを願います。

2017年6月18日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

レオンベルガーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved