ミニチュアシュナウザーがO様(大阪府)のもとへ巣立ちました!

2017年3月3日生まれのミニチュアシュナウザー(ブラック&シルバーの女の子)が大阪府のO様のもとへ巣立ってゆきました。

子犬の名前は「モモ」です。雛祭りの日がお誕生日なので女の子にとってはぴったりですね。

以前はブラックのミニチュアシュナウザー(女の子)と暮らしておられました。犬中心の生活を送っておられたので大変だったそうです。

日頃皆さんにお伝えしていることですが、愛犬を迎え入れたからといって愛犬中心の生活は避けた方がよいです。あくまでも人間社会に犬が入ってくるので飼い主中心の生活を心がけるべきです。飼い主あっての愛犬ですから、飼い主の都合や事情に合わせてもらうように飼育しましょう。

また犬を擬人化しない方がよいです。確かに人間と共通する一面はありますが、同じではなく違うところがあるものです。そもそも人間の子供は自立してゆきますが、愛犬は飼い主が最後まで看取ることが前提で迎え入れて頂いていますね。

飼い主の負担になるような飼育の仕方をするのではなく、飼い主に合わせてもらうことが大切です。つまり飼い主がリーダーになることが大切です。また、しつけとは「飼い主が決めたルールを守ってもらうこと」です。愛犬が決めたルールを守ったり、愛犬が要求したことに応えることではありません。

愛犬の要求を呑んでいると愛犬はストレスに弱い子に育ち、愛犬がリーダーになってしまう可能性があります。甘やかさずに育てるとは毅然とした態度で接することです。いつもいつも毅然とした態度で接しなくてもよいですが、ここというときにはダメなときはダメ、という線引きをしましょう。

そうして育てられた子は賢い子、良い子に育つものです。

2017年5月28日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved