ミニチュアシュナウザーが蓮沼様(兵庫県)のもとへ巣立ちました!

2016年12月25日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの男の子)が兵庫県の蓮沼様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「ニコラ」です。

ニコラは前記事の「うぃる」と同胎の兄弟です。同じように「パピー合宿」に入って、同じ日時にお引取りされることとなりました。これで兄弟全員が巣立ったことになります。ちなみにこの子たちは3匹兄弟(男の子2頭、女の子1頭)です。

モトコランドは昔、宝塚歌劇団の方々へ子犬をお引渡しさせて頂くことがありました。その歌劇団の方々がよく行かれる動物病院が宝塚市の大西先生のところです。モトコランドへもご来舎頂きました。

蓮沼様は大西先生の病院でモトコランド出身のミニチュアシュナウザーをご覧になって、大西先生のお勧めがあってモトコランドへお越しくださいました。

躾とは「飼い主のルール(その家のルール)を教えることです」。家の中だけではなく家の外でもどう振舞って欲しいのか、それは飼い主が決めることです。マナーはもちろん大切ですが、飼い主が守るべきマナー(便を持ち帰るとか通行可能なところを歩くなど)だけでなく、リードをグイグイ引っ張らせない、警戒吠えや要求吠えさせない、飛び付きや甘噛みさせないなど、愛犬に守らせたいことや取ってほしい行動を躾によって身に付けさせることが大切ですね。

そしてそのルールは他人が決めることではありません。飼い主自身が決めることです。特に家の中にいるときのルールや取ってほしい行動(取ってほしくない行動)は飼い主が自分の思い・願いで決めるものです。本や雑誌や近所の愛犬家やネット情報ではなく、ブリーダーやトリマーやトレーナーや獣医師でもなく、その家のルールはその家の人が決めるものです。

決めたものを守らせることができないときや、どうやって守らせるのかその方法が分からないときに初めて専門家に意見を仰ぐとよいです。

そうはいいましても今は番犬にしくて犬を飼育される方は珍しいですから、インターホンに吠えないようにするために、予防的にご家族の皆さんでインターホンを鳴らして家に入ってください!生後半年以上、できれば1歳くらいまではそうしてくださいね!

 

2017年3月15日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved