ミニチュアシュナウザーが加藤様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2016年6月1日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ソルト&ペッパーの女の子)が愛知県の加藤様のもとへ巣立ちました。

子犬の名前は「あき」です。

加藤様の奥様はトリマーさんです。ご実家にはミニチュアシュナウザー(ソルト&ペッパー)とトイプードル(14歳の女の子)がいるそうです。

奥様がトリマーさんだったためミニチュアシュナウザーのトリミング(カット)のお話しをしておりましたが、おそらくトリミングが必要な犬種は10年もたてば流行が大きく変わり、身体のサイズも変わり、気質や毛色も変わるものでしょう。

ミニチュアシュナウザーを昔ながらのショーカット(以前は一般にもそれが当たり前でした)される方々は今では滅多に見かけなくなりました。カットのスタイルがバラエティーに富んだのはミニチュアシュナウザーに限ったことではありませんが、愛犬雑誌が増えて実に様々なカットをされることが多くなりました。

20年前と今とでは身体のサイズも違います。ソルト&ペッパーは特にそうです。以前は8㎏台の子が普通にたくさんいましたが、今では6㎏前後が主流です。この傾向はドッグショーの世界でも同じです。

昔は断耳、断尾、狼爪の切除が3点セットでしたが、今は断耳されることは一般家庭の子達では見かけないです。昔は一般家庭の子でもみんな断耳されていました。今はショードッグだけが断耳されています。

欧州の国々でも昔は3点セットをされていましたが今ではほとんどの国で禁止か自粛されています。日本ではそのような法律がありませんから、各自の価値観でどうするのかが決められています。ご存知の通りモトコランドでは身体のどの部位も一切切除することはありません。

ミニチュアシュナウザーだけでもいろいろな変遷がありますが、これはどの犬種にもあることだと思います。人間の体つきも長い年月で変わりますから当然なのかもしれませんが、犬たちはサイクルが早いです。

あきがどのようなトリミングをされるのか今から楽しみです。愛犬家の皆さんにとっては、自分でトリミングできる加藤様の奥さんが羨ましいのではないでしょうか!

2016年9月30日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved