バセットハウンドが國武様(福岡県)のもとへ巣立ちました!

2016年7月2日生まれのバセットハウンドの子犬(レモン&ホワイトの女の子)が福岡県の國武様のもとへ巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ラファエル」です。

國武様は過去に6頭もの愛犬と暮らしてこられた経験がおありです。しかも珍しいことに社団法人JKC(血統書を管理・発行している団体)主催の家庭犬訓練の試験で優秀な成績を修められていらっしゃいます。

モトコランドではたいていご予約を頂いた子犬に「パピー合宿」という躾けプログラムに入れてからお引渡しをしていますが、ラファエルはパピー合宿無しでお引渡しすることとなりました。

福岡県から京都駅までは新幹線で、京都駅からはレンタカーを使ってモトコランドへお越しくださいました。モトコランドは全国各地からお問合せ・ご予約が入りますのでこのようなケースはよくあります。そこで心配されるのが公共交通機関を使って子犬を移動させることですが、まず心配ありません。

体力面は問題ありません。体調を崩すかもしれないという点においてはご来舎頂いてお車で自宅まで連れて帰ることにあまり大きな差はありません。そういったことが原因で体調不良を起こすことはまずありません。

乗り物酔いについてはお車の場合はその可能性はありますがこれもあまりありません。たまにありますが人間ほどの負担はありません。ナイロンの袋やティッシュやペットシーツやタオルがあれば対処できます。道中の排泄についても車酔いの対処とほとんど変わりません。ウェットティッシュが役立ちます。

休憩はあまり取らない方がいいです。できるだけ早く目的地(ご自宅)へ向かわれた方がいいです。人間(飼い主)のための休憩は必要なら取りましょう。給餌給水の必要はありません。むしろ道中では与えない方がいいです。

鳴くことについて。これが一番心配される点ですが、ほとんどの子達は車の中では鳴きますが不思議と新幹線や電車では鳴かないことが多いです。もちろん鳴くこともありますがそのときは手か指をキャリー(クレート)内に入れるだけで鳴かなくなります。たったこれだけで絶対鳴きません。

以下、國武様からのお便りです。


昨日、無事にバセットの女の子(命名:ラファエル)を引き取り、福岡に帰宅しました。
帰り新幹線待ちの京都駅では、クレートの中で大きな声で鳴くので心配しましたが、
新幹線に乗った途端、到着までぐっすり寝てくれました。

ラファエルは家庭犬訓練の試験を受けるのかどうかは分かりませんが、國武家にとって良い子に育って欲しいと願っています。

2016年9月2日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

バセットハウンドについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved