ミニチュアシュナウザーが日高様(三重県)のもとへ巣立ちました!

5月15日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ソルト&ペッパーの女の子)が三重県津市へ巣立ってゆきました。

子犬の名前は「ルル」です。ルルは6種混合ワクチンを2回接種して1週間たっています。今日まで「パピー合宿」でがんばりました。

日高様はモトコランドから以前ソルト&ペッパーのミニチュアシュナウザーの男の子を迎え入れてくださっています。その子の名前はジーンです。今思えば女の子の名前ですがモトコランドの者たちにとってジーンは男の子です。

ジーンはよくトリミングに来たり、「愛犬合宿」でも来てくれました。ジーンはがっちりとした体格で男の子らしい顔立ちで足の長いミニチュアシュナウザーです。身体の構成は正に「スクエアタイプ」です。骨量があって毛量が多くて首抜けのよい(首の長い)子です。

額は平らかで広く、胸幅があり、そして深い胸元を持っており、後ろ足の筋肉がしっかりあったので、ステイポーズ(立ち姿)が様になります。後ろ足を引いて立つ姿はとても凛々しいです。彼はモトコランドの誇りです。

そのジーンは昨年虹の橋を渡りました。そしてモトコランド内で一等地に建立されている「朋碑」に彼のお骨を納めました。今は生まれ故郷であるモトコランドの土にかえりました。みんな仲間ですよ、という意味でこの石碑を「朋碑」と呼んでいますので、本当にみんなが眠るモトコランドの土にかえしています。

ルルはどんな子に育つでしょう。今日は日高様ご家族にとても喜んでもらうことができました。別れは寂しいものですが、新たな出会いはワクワクします。新生活をいっぱい楽しんで今よりもっと幸せになってほしいです。そのためにルルが生まれてきたんですから。

2016年8月6日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved