ボストンテリアが田中様(京都府)のもとへ巣立ちました!

4月12日生まれのボストンテリアの子犬(男の子)が京都府の田中様のもとへ巣立ちました!

子犬の名前は「べべ」です。

田中様は昨年の11月に初めてご来舎されて、そのときにいろいろなお話をさせて頂いたりご質問頂きました。その後ボストンテリアの子犬(男の子)をご予約されていらっしゃいます。

このご見学の10日前にボストンテリアが虹の橋を渡っています。その子は体重が9㎏ほどあったようですので、モトコランドのボストンテリアと比べると随分大きかったようです。

4月12日に「べべ」が誕生して、そのことをメールで連絡させて頂いて「子犬選び」の日程を決めました。そして5月に子犬選びをして頂いた際に、動物保険のご案内と「モトコランド 飼育マニュアル」をお渡しして、飼育用品のアドバイスをさせて頂いております。その飼育用品とは実際にボストンテリアの子犬たちに使っている物や与えている物です。それらはすべてモトコランドで販売しております。

子犬は生後61日目から「パピー合宿」に入っています。べべは2回目の混合ワクチンが終わっていますが合宿期間としてはとても短めです。残っている躾はたくさんありますので、これからの接し方は非情に大切になります。

小型犬の骨格の成長が止まるのは生後7~8ヶ月です。フードをたくさん与えても大きくなるわけではなく太って体重が増すだけです。フードを少なく与えても痩せるだけで小さくなるわけではありません。ですから適切な分量のフードを与えるべきです。また犬種ではなく、個体によっても飼育環境や条件によっても適量は違うものですから、「モトコランド 飼育マニュアル」には与えるフードの分量は一切書いていません。

フード(ANFホリスティックやホリスティックパピー)の袋に書いてある目安の給餌量は目安にならないですし、どこかのブログも参考にしてはいけません。自分で我が子の体型・肉付きを見て太っているのか痩せているのかちょうど良いのか見れなければなりません。分からなければ獣医師に聞くのもいいですし、トリマーに聞くのもいいですし、モトコランドへ連れて来て頂ければ一瞬で判断させて頂くこともできます。

体型(肉付き)の見方は「モトコランド 飼育マニュアル」に書いていますが、生後4ヶ月ごろからはウェストのクビレを作らなければなりません。そして背骨や腰骨が触れないといけません。ですからいつも手で触って肉付きを確認しましょう!

2016年6月29日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ボストンテリアについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved