ホワイトシュナウザーが桐生様(千葉県)のもとへ巣立ちました!

2月8日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(女の子)が千葉県の桐生様のもとへ巣立ちました!

子犬の名前は「ミモザ」です。

ミモザは3回目の混合ワクチンを接種して、お引渡しまでの間パピー合宿で鍛えられましたよ。1.5ヶ月ほど合宿でがんばりました。理想的な月齢でのお引渡しです。ですがこれからもミモザは外の世界に慣れさせるようにしっかりと人慣れさせる必要があります。体調はきわめて安定していますし、排泄の回数が減っていますし、かなりお手入れしやすくなっていますし、犬同士の社交性は抜群です。

この日本では散歩と運動を同義語のように使われていますが違います。散歩はあくまでも「お行儀よく歩くこと」が第一です。第二の目的がどのようなものであってもよいですが、少なくとも排泄目的にはしない方がいいです。排泄させてもいいですが室内で排泄しなくなると困るでしょう。ですので散歩を習慣付けない方がいいです。

また、散歩を運動目的で行かない方がいいと思います。昔は自転車やバイクに乗って愛犬を走らせていましたね。「毎日3キロ走らせている」とか「うちの子は走るのが大好きなんだ。」という人がたくさんいました。そういう習慣付けをしているのは飼い主です。

犬種によって運動量が違うのか???そのようなことはありません!犬種ごとに運動量が決まっているはずがないです。日本の犬種カタログは個性をないがしろにしています。大型犬だからたくさん運動するなどという理屈は支離滅裂です(笑)。

たくさんの時間や距離を散歩させることが愛犬家として素晴らしいのか???365日散歩させることが飼い主の義務なのか???時間を決めて朝晩散歩へ連れ出すことが素晴らしいのか???すべて飼い主が習慣付けたからこそ愛犬がそれを要求しています。そのことに日本人は気付かなければなりません。

愛犬の散歩が無駄だといっているのではありません。散歩の目的を見失ってはいけません。外の世界に慣れさせて、人や犬が好きになって、物音に動じないで、リードを引っ張って歩いたり吠えたり怖がったりせずに歩けるようにすることがまずは第一です。飼い主を含め人に迷惑をかけず悠々とお行儀よく歩かせることが大切ではないでしょうか。

2016年5月26日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved