ミニチュアシュナウザーがK様(香川県)のもとへ巣立ちました!

2月17日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバー、女の子)が香川県へ巣立ちました!
子犬の名前は「椿」です。

椿は生後3ヶ月で巣立ちました。3回目の混合ワクチンを接種する前です。パピー合宿の期間は1ヶ月です。初めて犬を飼われるということで緊張や不安が大きかったようです。やはり多くの日本人の場合は初めての愛犬との暮らしを不安に思う方々が多いです。

飼い主さんは子犬を迎えるに当たって期待と不安が交錯しておられましたが、それでも子犬と対面したときにはパッと笑顔になられて喜んでくださいました。子犬も緊張していましたが早々に慣れて長い尻尾を愛らしく振るようになりました。

ご自宅の部屋とサークルを置いている写真などを携帯電話で見せて頂いて、ベッドを置く位置や窓、日常生活でクレートをうまく活用する方法などをアドバイスいたしました。水飲みの位置や食事場所や2枚置いてあるトイレトレーのどちらで排泄するものなのかなどかなり詳しく説明させて頂きました。

躾の話では日頃からの主従関係の構築の仕方や叱り上手の重要性や叱り方について、またどのようにして社交性を身に付けるのか、警戒吠えしないようにするための予防措置などもアドバイスいたしました。極力飼い主中心の生活をしてほしいと伝えています。

犬がどれほど逞しい動物なのか知らない方々が多いです。ブリーダーや訓練士や獣医師はある程度知っています。神経質な見方をすればキリがありません。飼い主の不安心配は愛犬に伝わりますし、注意点は知っておいた方がいいけれど、無闇に愛犬のために努力してはいけないと考えています。毎日散歩へ行ったり、規則正しい生活をさせるなどまったく無意味で飼い主の負担になるだけです。

きっと半年1年後には笑顔で朗報が聞けることと信じています!椿との新生活が人生に大きな影響を与えることでしょう!

2016年5月19日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved