ホワイトシュナウザーが伊藤様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2月8日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(男の子)が愛知県へ巣立ちました。
子犬の名前は「エル」です。
エルは1ヶ月ほど「パピー合宿」で鍛えられています!

伊藤様は3月にフレンチブルドッグを亡くされ、今は10歳のトイプードル(女の子)と暮らされています。その子は犬同士あまり社交的ではないですが、飼い主さんは犬のことをよくご存知で、そしてあまり心配されていないようです。

名古屋市の栄やテレビ塔がある辺りに自宅や経営する会社があるそうですから、とても賑やかな環境でエルは育つことになります。今は昔と違いますから番犬がほしいという方は滅多にいらっしゃいません。愛犬を番犬にしたくないなら賑やかな環境で飼育することが望ましいです。

賑やかな場所でない場合はできるだけ賑やかな所へ愛犬を連れ出してあげて、人と接する機会を作ったりいろいろな物音が聞こえるところへ連れて行ってあげることが躾に大いに役立ちます。愛犬を連れて入れるショッピングモールや駅前や商店街や夕方の公園などは特によいでしょう。

そうすることで人慣れや音慣れします。堂々と街を歩ける子にすれば散歩中に無闇に警戒吠えしません。エルは会社と自宅を往復します。会社にはたくさんのスタッフさんがいるそうですがそういう環境はとてもよいです。自宅にいるときでも警戒吠えしないようにインターホンの音を家族で鳴らすことが大切です。

エルは社交的な性格です。人にも犬同士にも友好的に接することのできる子ですから、きっと名古屋の地でも多くの方々に愛される子に育つことでしょう。あとは甘やかしすぎないようメリハリのある接し方をして主従関係を構築することです。決して難しいことではありませんから訓練士にお願いするようなことではありません。

立派な子に育っていつか再会したいです!

2016年5月12日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved