ホワイトシュナウザーがO様(滋賀県)のもとへ巣立ちました!

2月8日生まれのホワイトシュナウザの子犬(女の子)が滋賀県へ巣立ちました。
子犬の名前は「ゆき」です。
生後61日目からパピー合宿に入っておりました。合宿期間としては最短なので、私たちとしては心配な点が多々あります。なぜなら飼い主さんは愛犬を初めて飼われる方だからです。

去勢・避妊手術のメリット・デメリットはいろいろなところで情報を目にすることがあると思いますが、私たちにも実際にたくさん経験してきた上での思いがあります。

絶対的に手術が良いとか悪いというものではないですが、どちらかというと病気予防としての手術をお勧めしています。性格が大人しくなるなどということはありません。わずかな割合ですが術後に太る子がいますが、それは手術しなければ分からないですし、太り始めればダイエットすればいいです。難しいものではありません。

手術のタイミングは昔は遅めでしたが今は生後6,7ヶ月が主流です。獣医さんによっては生後8ヶ月とか5ヶ月とか12ヶ月以降という人もいます。私たちは生後6ヶ月を推奨しています。モトコランド奮闘記によく出てくる記事に、去勢合宿や避妊合宿のことが書かれていますが、この多くの子達は生後6ヶ月目で「愛犬合宿」に入れて頂いて、私たちがかかりつけの獣医師のところへ連れて行って手術をしてもらい、その後の投薬や傷口の消毒やエリザベスカラーの調整や抜糸などを行っています。

そして躾も行いながら抜糸後にはいろいろな子達と遊ばせます。最終日にはシャンプーやトリミングをしてお迎えに来て頂いています。皮膚のチェックをしたり体型(肉付き)をチェックしたりアドバイスしています。モトコランドを巣立ってから数ヵ月後にまたモトコランドへ戻ってきてもらうことには大きなメリットがありますので、そういう意味でもこの去勢・避妊手術は有効だと考えております。

2016年4月25日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved