ミニチュアシュナウザーが山本様(滋賀県)のもとへ巣立ちました!

2月6日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ソルト&ペッパーの女の子)が滋賀県へ巣立ちました。

山本様は2月15日にご予約されて3月6日に子犬選びをされています。子犬は生後61日目からパピー合宿でしつけに励み、そしてこの日に子犬のお引取りを迎えました。

子犬を迎え入れる日までに飼育用品のアドバイスをさせて頂いたり、マニュアルをお渡ししたり、飼育方法についてアドバイスしてきました。

モトコランドの子犬たちがパピー合宿に入るとサークル内での排泄は完璧にできるようになります。そして、散歩はかなりリーダーウォークできるようになります。ところがこのリーダーウォークは各飼い主の散歩の仕方、心構え、リード裁きが変わると徐々にうまく歩かなくなります。

たいていは愛犬がグイグイとリードを引っ張って勝手にあちこち歩き回るようになります。これは飼い主の散歩に間違いがあるからです。愛犬に好きなように歩かせたいなら、リードをグイグイ引っ張らせるとよいでしょう。他人に迷惑さえかけなければそれもまたよし、です。どう歩かせるのかは飼い主が決めることです。

スマートに歩かせたいならリーダーウォークを意識しなければいけません。リードは短めに持って、愛犬を左真横を歩かせて、愛犬が勝手に匂いを嗅ぎに行こうとしても付いて行かないようにすべきです。もし愛犬がリードをグイと引っ張ったら、素早くリードを引き戻して「ダメ!!」と厳しい口調で叱ります。これは散歩中に何度も繰り返すことになるかと思いますが、徐々に声を出してダメと言わなくても、素早く軽くリードを引き戻すだけで歩く軌道を修正できるようになります。

幼いうちから正しい散歩の仕方を習慣付けてしまうと、大人になってからかっこよく街を歩けます。

2016年4月24日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved