ミニチュアシュナウザーがハラダ様(広島県)のもとへ巣立ちました!

1月31日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(男の子のブラック&シルバー)が広島県へ巣立ちました。
子犬の名前は「ダンディー」です。
昨年の12月にご予約いただいて、1月31日に誕生したミニチュアシュナウザーのことをご連絡し、3月1日に「子犬選び」して頂きました。その後、子犬は生後61日目から「パピー合宿」に入り、混合ワクチンを2回接種し、このたび新幹線に乗って広島から子犬を迎え入れてくださいました。誠にご苦労様でした!

遠方からご来舎頂く場合はよく電車、新幹線、飛行機などの公共交通機関を利用してお越し頂きますが、子犬を連れて帰ることもよくあります。(最寄の駅までの送迎は常々させて頂いております)心配されることは子犬が鳴くことです。滅多に鳴くことはありませんのでほとんどの場合は迷惑をかけずに済みます。

もし万一子犬が鳴き始めたらキャリーボックス(ペットキャリー)から指を入れるなどすれば鳴き止みます。それでも鳴きやまない場合はキャリーの出入り口から手を入れて子犬の身体に触れると鳴かなくなります。しかしこういうケースは稀です。ほとんどの場合は鳴かずに家まで帰ることができるものです。

ミニチュアシュナウザーは体力があって食欲旺盛です。生後3~3ヵ月半にもなれば長距離の移動は心配ありません。新しい家に到着すると戸惑ったり、夜になって誰もいなくなると寂しがりますが「匂い付きヌイグルミ」があれば夜鳴きしません。帰宅直後の最初のご飯は必ず完食します。これがミニチュアシュナウザーの逞しい点です。

きっと「ダンディー」も食事を毎回完食してくれているはずです。今頃は新居に慣れつつあるでしょう。

2016年4月21日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved